2017年6月22日木曜日

小説「月に雨降る」40

久々の、小説「月に雨降る」です。
あまりに久々すぎるので前話を失念した方を鑑みて、前回の話の最後部分を再度掲載。

小説「月に雨降る」39(再掲載)

.............
図星だった。彼女なりに薄々何かを感じ取っていたのだろうか。やはり以心伝心だった。良くも悪くも。
「なんで分かったの」
「最近のリュウさんを見れば分かるわよ。これだけの付き合いだもの。今日なんかいつもだったらこんな高いお店なんか来ないし。しかもその話の内容は、たぶん...」
たぶんと言ったきり恭子は黙りこくってしまい、下を向いて固まってしまったように見えた。
「恭子。ごめん」
ゆっくり顔を上げた彼女はまっすぐ龍一の目を見据えた。
「ごめんって、何?はっきり言ってもらったほうがいいわ。このところずっと、毎晩眠れなくて、リュウさん変だから。私と話をしていても私の後ろにいる他の誰かに向かってしゃべっているみたいで。心ここにあらずって感じで。私はね、このままずっとリュウさんとは、ずっと...ずっと...このままでいたいと」
恭子の目からみるみるうちに涙が溢れてきた。喉を振り絞るように言った。

「どうして?私じゃだめなの?」

ここから、小説「月に雨降る」40

「だめなもんか」
龍一はグラスに手を伸ばしひとくち飲んだ。食道を熱く焦がしながらやがて胃袋の中でぽっと熱いものが広がった。
「恭子、話を聞いて欲しい。俺は今までもこれからも恭子のことを大事に思っているよ、人としても女としても。遊びでつき合ってきたわけじゃないことは恭子にも分かってもらえていると思う。普通なら多分この先の将来、再婚のことも考えていたはずだった。いや、実際年齢差はあるけれど、恭子さえ良ければと、真剣に考えたこともあった。俺のうぬぼれとか思い過ごしでなければ、恭子もそれを拒否することはないだろうとも思っていたんだ」
恭子はハンカチを目に当てて、「うん」と言いながら小さくこくんと頷いた。そんな健気(けなげ)な表情を見ていると龍一は一瞬気持ちが揺らいだ。すまない、俺は今からこの子をひどい目に合わせることになるんだ。俺はどうしようもない悪い男だ。しかしこれ以上期待を持たせるような物言いはますます彼女を苦しめることになる。
「ほかに好きなひとが出来たの?」
「違うんだ。昔、他に好きな人がいたんだ」
小首をかしげたきれいな顔立ちの女に言った。
「恭子。すまない、別れてほしい」

このところ探偵の黒坂や息子にも話した希伊とのことを、恭子にはなるべく淡々と話した。感情を込めて話したのでは恭子を傷つけることになると思ったからだった。こんな話をするのはこれで最後だ。人が聞けばこんな馬鹿げた話はないだろう。四十過ぎのバツイチ子持ちの中年親父が、若くて美人の恋人を袖にして、全く当てのない昔の女を捜しに行くなんて。行ったところで会えるかどうかすら分からない、ましてや相手は今既婚者かもしれないのだった。また辛いことだったが、若い恭子には年齢に相応しい違う男が、これからいくらでも選べるはずだ。
龍一の長い話をテーブルの一点を見つめたまま黙って聞いていた恭子が口を開いた。
「男の人って昔の女が忘れられないって言うけど、リュウさんもそうなのね」
「うん、それは正解だけど、俺の場合はうまく言えないけど、そんなんじゃなく特別なんだ。たぶん普通の男ならこんな選択肢はありえないだろう」
恭子は目を赤く腫らし、天井を見上げて「ふう」とひとつため息をついて、長いあいだ頑(かたくな)に沈黙を守っていた。その間龍一は眉間に皺を寄せてじっと恭子を見ていた。恭子はワインを少し舐めて、そのグラスの縁の口紅を親指でしゅっと拭ってからやっと口を開いた。
「そこまでリュウさんが思い込んでいるのならわかりました。でも私、待ってるから。もし金沢へ行ってだめだったら、私、待ってるから。今別れる必要なんてないじゃない。私、待ってるもん」
龍一にはそこが肝要なところだった。
「そう言ってくれることはとても嬉しいよ。でもさ、それでは俺が俺を許せないんだ」
「俺が俺を許せないって、どういうこと?」
「自分から勝手なことを言って昔の女を捜しに行って、会えなかったらのこのこ帰ってきてまた元の鞘に戻る。恭子の存在を保険の担保に取った形でね。あっちが駄目でもここに帰ればまた温室に戻れる。それは卑怯だと思うんだ。そんな気持ちで行きたくないし、何より恭子に対しても希伊に対しても失礼なことだと思う。だからきっぱりとけじめをつけたうえで、白紙の状態で行きたいんだ。少しかっこ良く言えば退路を断った上で前に進みたい。もしそのまま終わって何もなく東京に戻ったとしても、そこには恭子という素敵な恋人は、もういてはならないんだ、俺にとっては」
みるみるうちに恭子の大きな瞳から、大粒の涙がぽろぽろと転がるようにこぼれ落ちた。いくつもの熱い液体の粒がワイングラスに落ちて行くのを呆然と俯瞰していた。嗚咽をこらえる恭子にかける言葉を龍一は知らなかった。すまない、申し訳ない、ごめんよ...そんなお仕着せの言葉はますます彼女を苦しめることだろう。今の龍一には黙っていることしか出来なかった。
しばらくすると恭子はいきなり立ち上がった。反射的に龍一も席を立った。
「リュウさん」
恭子が最後の言葉を探しているのは龍一にも分かった。たぶんこれが彼女との最後の会話になるのだ。しかし龍一の推量は当たらなかった。恭子は全く無言で龍一に抱きついてきた。恭子の胸が小刻みに打ち震えているのが伝わったきた。強く抱きしめると互いの頬が触れあい、そしてふたつの涙の川が僅かな頬と頬のすき間で合流し一本の川になり下へ流れ落ちた。
どれだけそうしていたのだろう。恭子はゆっくり体を離すとじっと龍一の目を見つめた。龍一はビデオをスローモーション再生するように、恭子の唇に自分のそれを重ねた。彼女の舌はそれに深く強く親密に反応した。
「私からさよならは言いたくない。でもやっぱり、これでさよならなんだろうね」
恭子はそれ以上何も言わずバッグを取ると個室を静かに出て行った。

すまないという深謝の念と、恭子の将来のためにはこれでいいんだという思いと、今でも残る微かな未練の残滓(ざんし)が輻輳(ふくそう)的に絡みあって、龍一の頭の中は混乱していた。
恭子の涙が含まれたワイングラスをじっと見つめながら、龍一はいつまでも誰もいない個室で佇んでいた。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年6月19日月曜日

雨の杞憂

日曜午後の「体験会」は返す返すも残念であった。無情の雨が降り始めて、ああ無情、レ・ミゼラブル、ジャン・ヴァルジャンなんであった。一本のパンを盗んで19年間服役するくらいに、ああ無情の無念の雨なんである。

8名ほどの体験くんが来てくれた。嬉しいことに女子もいる。将来のQ姫になってくれたら、なんて捕らぬ狸の皮算用。母たちや子どもたちが頑張って誘ってくれたらしい。それに毎回学校に体験会のチラシを配付していることも、功を奏しているのだろうか。中には拙欄の少年野球「晴耕雨読」BLOGも見てます、との嬉しいお声もいただいた。すでに野球経験者ですぐに即戦力どころか、レギュラー間違いなしという子もいた。
暗いので写真も暗くなっちゃっている。


毎回熱心に頑張ってくれているNakamura副事務局オヤジ。いろんなメニューを用意していたのだが、今にも泣き出しそうな曇天の雨模様を危惧して、いきなりメインイベントの紅白戦を決行する。(のちにこれが正解だった)
みなで挨拶、自己紹介etc。



ふた手に別れてティーバッティングで試合をする。ボールは柔らかいものを使用する。高学年はグランド隅にて別メニューでノック。
思い切りバットを振り球にミートした時のあの快感は、野球を好きになる第一歩だと思う。これが普通のボールと金属バットになると、ますますその快感は、いや増すんである。
写真は体験生を中心に。雨でやむなく打席に立てなかった子もいたけれど。
写真はマニュアルにしてシャッタースピードを高く設定。少しは明るく写った。



「杞憂(きゆう)」という言葉はご存知だろうと思う。簡単に言うと「いらぬ心配」。心配することもないのにあれこれ心配しちゃうことである。取り越し苦労とも言う。コトバンクで見ると、古代中国で杞の人が、天が崩壊して落ちてくるのではないかと憂(うれ)うる(心配する)、という話がある。杞の人が憂うるから「杞憂」なんである。
雨は杞憂に終わらなかったんであった。梅雨時だもの仕方ないわけで。
それこそ天に巨大な灰色の布を張り、そこへじゃんじゃん水を溜め込み、今にも布が裂けて水が落ちてきそうな、そんな天候の中、ついにタイムアウト、天が崩壊してじゃんじゃん、ジャン・ヴァルジャンじゃん、雨が降ってきちゃったじゃん。みなでテントに逃げ込み中止決定となった。
またの機会にも来たいと言ってくださる家庭もあったのが、救いだった。
野球の名言(迷言)にこんなのがある。
「野球は審判と天気には勝てない」と。
屋外スポーツ全部に言える名言(迷言)であると明言出来る言葉ではある。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年6月18日日曜日

神宮のささやかな想い出

日曜のこんな時間にブログを書くのは久方ぶりなんである。今日の午後は体験会であったが、すぐに無情の雨が降り始め無念にも解散となってしまったんであった。ポケットのiPhoneも冷たい雨でずぶ濡れでバイクで帰還、熱いシャワーを浴び冷や酒をグビリとやれば、ほどなくして睡魔に襲われズブズブと撃沈、夕方蘇生するも仕事をする気にはなれず、今日息子夫婦から届いた「父の日」のプレゼントを眺めながらまた酒を飲み、重い腰をあげてブログ画面と向き合っているわけなんであった。それに明日からちょっと忙しいので今日中に書いておけば精神的余裕も生まれるというもの。そんな計略もあって書き始めるわけで。「イッテQ」までに完了出来ればいいのだが。(今は「笑点」の時間である)

さて昨日土曜は今日と違い素晴らしい好天であった。北部大会VS宮崎モンスターズ戦であった。先発はMは素晴らしい超速球派のHandaくん、FはShohma。HandaくんのボールにはこのあとF打線がきりきり舞いすることになる。

Mの監督はちょいワル系ベテラン監督のKohnoさん。良く通る声で選手を鼓舞する。


ジャッジメントはMoritaさん。みなさんお気づきだろうか?今年から選手のサングラスが認可されたことに伴い、ベンチスタッフもサングラスがOKとなったんである。但し帽子の上にグラサンを載せる行為は危険なのでNG。筆者は知らずに先日のウルフ戦観戦時にみなサングラスをしていることに違和感を覚えて、本部に確認したところ大人もOKになったとのことだった。筆者は数年前からスコアラーは真夏の強い日射しのもとしばらくスコアシートを見てから、おもむろにグランドに目線を移すと視界が真っ白になってかなわんわいと、周囲にベンチのサングラス着用の是非を問う提言をしていたんである。ミラー系のスポーツグラスはダメとの噂もあったが、どうやらそれもOKみたいである。筆者は若い頃から外出の際、冬以外は薄い色のサングラスを掛けているヒトなので朗報であった。
Moritaさんもマスクの下にサングラス着用であった。


試合は一方的なモンタペースの展開。3回終了時4:0であった。昔からモンタやレッパと聞くと「打つ」打のチームというイメージが強いんであるが、そのチームカラーを踏襲しているモンタなんであった。

ちょっと休憩...。
給水タイムである。担当のお母さんが攻守交代の間に審判たちに水を補給手渡しする、昔からの少年野球の風物詩。たまたま筆者の近くではFのY.Kaito母が三塁塁審の父Yasudaさんに水を渡すシーンに遭遇。偶然夫婦なんであった。美女と野獣のカップル...いやいや奥さんがエマ・ワトソンに負けないくらいの美女であるのは間違いないが、ダンナYasudaオヤジは野獣とは真反対の物静かな優しいヒトなんである。夫婦でなにやら談笑しとるではないか。ナニナニ、フムフム、何ですと?
「アナタ、今日は晩ご飯何が食べたい?」
「う〜ん、そーだなあ。キミが作る料理ならなんでも良いよ」
....なんて言ってるわけないか(^-^)

閑話休題。
さてそれにしてもMのTeramotoくんである。(司馬遼太郎ふうの書き出し)
彼は今日は捕手だった。下手すると投手の投げる球よりも、彼の二塁への走者刺殺の送球のほうが速いんである。盗塁を成功させることが出来るのは、たぶんこの地球上でイチローかウサイン・ボルトくらいであろう。打ってはレフトオーバーのツーベース二本、攻守に渡って大活躍であった。

失策も多くFは無得点であったが、4回にGakuの左中間タイムリーで一矢報いやっと2点を返すのがやっとだった。このところGakuが良い働きをしているのが印象的である。

想い出した。
一昨年の全国大会、猛暑の神宮球場では、独りぽつねんと蒸し暑く暗い神宮の階段を、ひょこひょこ上り下りしている、幼い彼を見かけて不憫に思い声をかけたのだった。まだ入部して間もなく右も左も分からないまま、身を持て余していたのだった。筆者は球場の記者席からあちこちせわしなく移動している最中だった。
「おい、Gaku元気か。おまえだけベンチに入れなくってゴメンな」
「はい」
「独りで大丈夫か?」
「はい」
「迷子になるなよ」
「あ、はい」
...その彼が今や外野への大きな打球を飛ばす。ふと、当時のそんな会話を想い出した。


試合は8:2でモンタの勝利。公式戦まっただ中を縫ってのローカルゲーム。ローカルだからと言って負けて良いはずはない。少しでもチームが負けに慣れ始めると、公式戦でもそれが影響するからである。負のスパイラルの連鎖は避けたいのである。
.......
さて、今、時計は20時前。TVではダッシュ村、もうすぐイッテQ。ほとんどTVは観ずにBGM状態でブログに集中しておった。う〜ん。一気に今日の体験会まで書くつもりであったが、次回に譲りたい。写真選択に30分、ブログ執筆は平均2時間はかかるんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年6月17日土曜日

快勝1試合2ホーマー

昨晩は40歳で新婚のクライアントでもある男と渋谷で話し込み、焼肉屋とバーで散財しちゃい、帰宅はギリで0時前。今日は疲れて危うく今日のブログアップも失念するところであった。駆け足で子ども会大会、VSブルアロ戦なんである。

試合前の投球練習。アンパイヤーが指で指示を出す、その写真を一枚ずつ撮ってみたんである。それを合成。そーいえば、子どもの頃初めてアンパイヤーという単語を聞いたとき、「アンパン屋?」と思ったものだった。(今、誰が木村屋やねん?と一人ツッコミを入れてみる)
ファイブ...フォー...スリー...ツー...ワン...サンダーバーズ、ア、ゴー!なんである。

南野川ブルーアローズ監督は闘将Yoshidaさん。先発はB,Ogasawaraくん、FはShohma。


今日は主将でエースのShohmaの独り舞台であった。先頭打者で打席に立ち、フルカウントで粘った末の10球目、バットを振り抜くと打球はぐんぐんレフト上空を切り裂き、フェンスの向こうへ着弾、いわゆる先頭打者ホームランなんであった。第四公園の地の利とは言えアッパレワッペンを10枚あげて欲しい。打った瞬間のカット。


続く5年Shoh、更にGakuのセンターへのタイムリー安打などで合計4点を先制す。


代表曰く、投手で一番悪い状況は簡単にツーアウト取ってから四球を出して失点するパターン。今日のエースShohmaは7回102球完投、被安打こそ散発5本あったものの全て単打で後続を断ち、四球は3個のみの力投を見せたんである。


筆者はカメラを持ってドームの周囲を徘徊していた。左中間後方の観客席ベンチでYanagisawa代表やKaneda顧問、アラガネーゼAraganeオヤジらと談笑しながらカメラを構えていたんであった。打席は5回3度目のShohma。その瞬間がやってきたんである。今度は初球を叩き、打球はセンターオーバーのこの日二本目となるホームラン。湧きに湧くF観客席を尻目に淡々とダイヤモンドをクルージング走行する。アッパレワッペンを追加であと100枚貼ってやりたい。
彼はどんなに良いプレーでもガッツポーズをするでもなく、ニッコリはにかむだけなんである、いつの時でも。いったい父母のどっちに似たんだ?と思っちゃうわけで。しかも兄とともに相当なイケメンなんであった。これまた、いったい父母のどっちに似たんだ?


試合は最終回Bが一矢報いて1点返したものの、結果6:1でF。
カメラのファインダーを覗いていて、真っすぐレンズに向かって飛んで来る打球ってたまにある。Kunjiの打席がそれだった。あっと言う間に(1秒弱くらいで)自分に向かって飛んで来る打球は、怖さは微塵もなく実に面白く楽しい。ただ、カメラが壊れるのを避けるため思わず逃げちゃうのは致し方なし。
主将Shohmaの投打の大活躍や、他のメンバーの頑張りもあり、久々に「快勝」と言えるゲームであった。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ