2018年4月2日月曜日

花見大会2018

春爛漫、桜は多少目減りしちゃっていても、まだ十分花見に値するこの日曜なんであった。フレンズの花見はめっちゃ寒かったり、雨にたたられたりすることが多く、それを勘案すれば今年は暖かく実に良い季節なんである。場所は有馬小から徒歩10分ほどの横浜山田富士。
有馬美人妻軍団の「パンカーイ!」

しばらくご歓談を。
弁当食べてビールを飲んでわいわいがやがや、遥か遠くを見渡せば、桜もコチラを見て微笑んでいる。Adachiオヤジの名言「桜は散っても、きれいなママ達の花があるではないか」筆者は満開の桜よりも風にたゆたう散り際の桜が好きである。花びらがコップ酒にひとひら落ちて浮かぶのは、実に興趣があるというもの。

ばんばん各ゾーンを活写しちゃう。



おやおや、花見に来て夫婦で将棋をさしている。
「先手、七、三、飛車」...と思ったらArai家族であった。
転じて、例によってKakenoオヤジの熱い野球談義に巻き込まれる野郎ども。それはそれで素敵なことだ。おそらくフレンズを強くするにはどーしたら良いかを、熱く論じていたに違いない。


大型犬を連れてきている見知らぬ家族に話しかける代表。普段は滅法人見知りするタイプなのに。そんなところも春の陽気のせいだろうか。

女子力高い有馬美女軍団も和気藹々。

お腹がいっぱいになれば気がつけば子どもらは川へ遊びに、オトナはバレーに興じる。
まるでおじいさんは森へ木を切りに、おばあさんは川へ洗濯に...みたいに。

川と池へ遊撃に。子らは独特のグループを構成し思い思いの遊びに興じていた。


オトナは一人、Atsuオヤジは子どもよりも熱心に釣り糸を垂れている。その少年のようなココロ、良くワカルんである。オトコはいくつになっても少年のココロを忘れてはいけない。

Takashiが池に入って亀を獲ってきたらしい。
「Teshimaコーチ、写真撮って〜!」外来種のカミツキガメでなけらば良いが。

ブルーシートの酒宴に戻ると、なんと、殺人事件が起きていた。
....。
白昼堂々衆人環視のもと、何者かによって殺されたArageneオヤジの死体が...。
「おまわりさん、こっちです!」
「どれどれ。ははん、これは池で溺れ死んだ溺死体ですな」
よく見れば確かに先ほどの亀と同じ色の泥のような服を着ている。
検死官の判定は「酒に酔って溺死した大型の外来種のオッサン」であった。

続いて写真を。

担当の母たちはいろんな楽しい企画を画策したんであった。まずは高学年と低学年に分けて「腕相撲」対決。

腹這いになって子ども目線で撮ってみる。

ジャイアンが必ずしも、のびたに勝つわけではない。一学年下が一学年上を負かすと歓声とどよめきと笑いが起きる。
金銀胴メダルの授与。

更にジャンケン大会のあと最後はビンゴゲーム。なるほど今はiPadで抽選が出来ちゃうわけで。

ここで登場はF1レースクィーンか、或いはK1ラウンドガールか?
Nakada母がレオタードで登場...ではなかったのが残念。もしNatsuki母ならビキニを着てきたに違いない。

番号をタップ。数字がめまぐるしく変わる。じっと見上げる子ら。

ストップ。番号が表示されると一斉にカードを確認し下を向く。

番号をタップ。数字がめまぐるしく変わる。じっと見上げる子ら。2。

ストップ。番号が表示されると一斉にカードを確認し下を向く。2。
この繰り返しの光景に代表と筆者大笑いであった。

大縄跳び。フレンズもなかなか上手かったが、これをやらしたらQueensは天下一品、他の追随を許さぬ美技を保持している。息もピタリ、リズミカルに長時間出来るQ姫なんである。

最初は汗ばむほどの陽気だったが、終盤は曇天に変化、肌寒くなり、とうとうお開きであった。俗にいう「最後の大曇天返し」なんであるが、子どもらは全く異に介さず元気であった。集合写真を撮っちゃってお開きなんであった。
準備企画の母たちに、改めてありがとう!お疲れさまでした、なんであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: