2018年5月8日火曜日

東奔西走諸戦活写

先日の開会式に続き宮前防犯大会シリーズなんである。写真も少ないのでさっくり行かせていただきたい。開会式後の第一試合はバーズVSレッパ戦。互いの先発投手とベンチを活写しちゃう。バーズのマウンドは昨季QのHinataの弟Kaiくんである。野球大好き小僧、いつもの力投を見せていた。レッパにはこれまたQのKarinがいるんである。


ある程度観戦したのち筆者はジュニアの部のスコアラーのため、第四公園ドームへ急行す。そこでは一戦目のヤングVSアリコ戦が白熱していたのだった。ヤングAのQ姫YurikoとKuuはQueensの共済カップ開会式のためいないのだが、戻って来てこの第四でAのモンタ戦に臨む予定なんである。アイドル芸能人並みの分刻みのスケジュールなんであった。連盟の配慮で試合調整してあったのだった。しかしこちらヤングBにはMeiがいる。相変わらずQの人材豊富なヤングなんであった。


いよいよフレンズBジュニア大会、初戦の相手はオール平。リトグリとマーキュリーズの合同チームである。(先日のブログではグリーンズの人数表記に大変な誤記があり、グリーンズ関係者様にはご迷惑をおかけしました。クレームがあったわけではないけれど、翌朝気がついて良かった)
フレンズBは監督Maeda、コーチ29Fujita、28Araiの各氏。みんな温厚でかつ野球経験者のオヤジたち、頼もしい限りである。

スコアラーなので写真はない。しかしなんとしてもこのショットだけは撮っておきたいと思い、攻守交代の際にカメラを持ってベンチから下がりマウンドへレンズを向けたんである。マウンドの凛とした立ち姿のAnjuなんである。実に素敵な画ではないか。フレンズ野球が大好きらしい。A監督Itohの姪っ子で、今日はおじいちゃんであるItohさんも来ていた。Itohくんや筆者の息子の代の全学童県大会では、筆者は親としてスタンドでItohさんはベンチ入りコーチを務めていた。今でもシニア野球を楽しんでいるスポーツマンである。Anjuも野球が好きになるわけである。

フレンズは1,2,3回と1点ずつ取ったんである。初回主将Naoyaのいきなりの安打で出塁すると盗塁などからめて先制。次は敵失盗塁で、最後はまたNaoyaが内野安打で出塁しRairenの内野ゴロの間に3点目。
...とこれだけ書けばなんだかフレンズが一方的に優勢だったかのように見えちゃうわけで。
内容は全然違った。オール平は合同チームとも思えぬ良いチームで打線が良く振るっていた。長短打合わせて6本。最後はNishimuraくんのサヨナラ二塁打で10点差がつきコールドゲームとなったのだった。
フレンズはAB分けるには実にギリギリの人数だったが、やはりBを作って小さい子らにも試合を経験させたいのは世の常。親やコーチの熱い思いで実現した。初戦で負けはしたものの、良い経験だったのではないだろうか。この経験が来年再来年、数年後のAに生きてくるはずであるから。
フレンズに限らず他の宮前チーム、川崎...全国の野球少年少女が増えることを切に願うのだった。
このあとフレンズAの試合で第一公園へ戻る。
本大会ブログのほうはまた次回...。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: